「コンテンツを作ることが出来ますか」

日経メディカルに珍しくe-ラーニングというキーワードが含まれた記事が出ました。


日医の生涯教育がe-ラーニング対応を急ぐワケ


ここでは日本医師会がe-ラーニングで教育コンテンツのリリースを増やしていくということが書かれていますが、昨年から異なる業界でも「今までは集合型でないと認められなかった認定がオンラインでの受講で認定が下りるようになる」という情報を耳にすることが増えてきました。以前(数年前)、海外の方から「日本は遅れているね」と言われたこともありますが、オンライン上でのコンテンツ提供が増えていく流れを耳にすることが日本でも増えてきたように感じます。


表題の「コンテンツを作ることが出来ますか」という問いは、前職からの卒業を決めて、外資系企業のオファーからの面接の際に聞かれた問いです。もちろん集合型研修のプログラムの開発に加わった経験は職務経歴書に書いているはずなので何を聞いているんだろうと最初は思いました。その会話の流れで「Adobe Captivate とStoryline 、どちらが得意ですか」と更に問われ、そもそもの問いが「オンライン上で提供するコンテンツを作ることが出来ますか」という問いだったことを認識することになったのは振り返ると一年前のことです。




そこから興味を持って、調べていくうちに、Adobe Captivateを学ぶことになるのですが、アメリカでは企業の教育担当者の方がコンテンツ制作を行うことが多いように思います。それは、オンライン上のコミュニティでも感じますし、講座で学んでいる際にも教育担当者の方が「どんどん作って(LMS*)のせてるのよ」と自己紹介すると「私もそう」と多くの方が反応していました。




まだ日本ではご自身でコンテンツ制作をする教育担当者の方は少ないように思います。

それは、日本ではe-ラーニングというと「作りこまれた映像」のイメージが強いことや、提供者側が完璧なものをリリースしなければならないという思考が強いことに起因するように思います。


では、AdobeCaptivate(2019版)では何ができるのか。

数多くのメリット、魅力があるAdobe Captivateですが、AdobeCaptivateを利用することによって、スピーディにコンテンツを制作することが出来る、これがまず一番大きなメリットだと思います。


提供者側がスライドを元に講義を行う動画はスライドと提供者が話すものを合成する手間がかかります。(クロマキー合成とも言われるものです)撮影して、編集して、調整して…「プロに頼まないと出来ない」と思う方も多いでしょう。この制作がパソコンのカメラに向かいながら、スピーチを行いながらモニター上でスライドを表示して