プロデューサーとモデレーター

この一週間は、夏季休暇明けの1週間、それとも夏季休暇中、このブログを読んでいる方はどちらにあてはまるのでしょうか。どちらにしても、例年以上に気温の高い毎日、疲労が抜けないという方も多いのではないでしょうか。弊社は今年は夏季休暇なく、毎日パソコンに向かう日々を過ごしております。夏バテというより腰痛が気になる今日この頃です。


今日は「プロデューサー」と「モデレーター」について書いてみたいと思います。




弊社はオンデマンドのコンテンツ制作以外にも、オンラインラーニング全般のコンサルティングにも取り組んでいますが、その業務の一環としてバーチャルトレーニング実施支援も行っています。

オンライン上での会議システムや通信システムを使って行われる研修や授業、レッスン、参加する方が同時刻にオンライン上で集合し、実施側(講師やトレーナー)との双方向のやりとりが含まれるもの、このカテゴリーがバーチャルトレーニングです。双方向が含まれない、双方向が含まれたとしてもわずか、質疑応答程度のものは、オンラインセミナー、バーチャルセミナーとカテゴライズされることが多いようです。とはいえ、使われる単語は明確に区別されていないことも多いように思います。様々な記事や投稿、英語のものも含めて、人によって使っている単語が違うこともあります。


バーチャルトレーニングではグループワークや全体でのディスカッション、などが行われますし、アクティビティも数多く含まれることからプロデューサーが必要になることがあります。

プロデューサーというのは日本ではテレビ番組を作る人というイメージが強いかも知れませんが、「企画・進行を導く人」という意味合いから、バーチャルトレーニングに運営側として参加し、進行のサポートを担当します。

  • 講師の運営をスムーズにする、講師がレクチャーやファシリテーションに専念できる状態を整える。

  • 参加者の参加、学びをスムーズにする

そのために必要なことを行います。テクニカルなサポートも含まれます。


一方モデレーターというのは、オンラインセミナー、バーチャルセミナーなどで主にチャットへの書き込みをフォローする役割の人を指しているようです。YouTubeのモデレーターはLive配信をするYouTuberが配信に専念できるようにチャットの管理を行う存在です。そのイメージが頭に浮かぶ方もいらっしゃるかも知れません。そのイメージが近いです。ただし、司会進行を担当し、同時にチャットへの書き込みを行う人をモデレーターと表現していることもあります。パネルディスカッションなどでは、パネラーと参加者を繋ぐ役割としてパネラーの意見を総括したり、参加している人からの質問を反映した質疑応答の運営を行う人をモデレーターと表現することから、オンラインセミナーでも同様の役割を行う場合もあります。