Adobe Captivate ー Microsoft ®PowerPoint のスライドをコンテンツ化する方法 1

Adobe Captivate では、Microsoft Powerpoint ®のスライドをe-learningのコンテンツ化する方法が複数あります。


1) ビデオデモで画面を録画して映像コンテンツ化する方法

2) スライドを読み込んでコンテンツ化する方法


1)については、話し手の顔を画面に組み込むクロマキー合成を行うことも可能ですが、一旦ここでは、1)の方法で、音声のみを追加していく方法をまずご紹介しましょう。


1 作成したスライドを立ち上げておきます。



2 Adobe Captivate を立ち上げて、スタート画面 「新規」の6つの選択肢から「ビデオデモ」をクリックします。



3 ビデオデモの操作画面が立ち上がったら、以下の操作を行います

① アプリケーションを選択

② カスタムサイズを選択 ⇒ 枠をスライドショーのサイズに調整する

③ Webカメラ ⇒ Webカメラなし を選択します 

  (クロマキー合成を行う場合はここを「あり」にします)

  ※ その他の選択も画像と同様に指定します。