Talent Development Capability Model

何度かこのブログではAPTD** について触れてきました。

APTDというのは、ATD*が認定する資格で、人材開発のプロフェッショナルとして認められる一つの資格です。

ATDは人材開発のプロフェッショナルとして必要な要素をコンピテンシーモデルとして2013年に発表しています。それは10の専門領域と6つの基礎的なコンピテンシーで定義されたモデルでした。APTDの学習領域としてはその10の領域のうち、5つを学習しなければならず、特に3つの領域がテストでは重点的に出題されていました。

参考までにその3つの領域をご紹介します。

・インストラクショナルデザイン

・トレーニングデリバリー

・ラーニングテクノロジー

今の自分の仕事に直結する3つの領域です。勉強し、資格にチャレンジすることによって、今の仕事につながったという実感もあります。




またATDではCPLP***という資格認定があり、これはAPTDより難易度が高く、10の領域をまんべんなく、特に5つの領域の知識が試される上に、経験値もしっかりと証明しなければならない資格です。いずれはCPLPを目指して勉強していこうと漠然と考えていました。





さて、表題のケイパビリティモデル、ですが、ATDのメールやホームページで、「新しいモデルを2020年に発表しますよ(2013年発表のコンピテンシーモデルはもう変更になりますよ)」という告知がありました。

そして詳細がATDのホームページ上で明らかになりました。

このモデル自体は、「実践者が自分自身のために、また周囲のために、組織のために知る必要のあること、やるべきこと」を定義したものだと書かれていました。


3つのカギとなる領域から出来ていて、その領域を「Domains of Practice」と表現しています。またこの3つのそれぞれを構成する能力と知識が項目として整理されています。

・Developing Professional Capability(プロフェッシ