top of page

BLOG

ブログ

Adobe Captivate version11.8.1 -Mac

Windows版Adobe Captivateの新しいバージョンのリリースに続いて、Mac版のリリースがアナウンスされました。


Mac版の新しいバージョンについてはこちらのページにて公開されています。

また新しいバージョンについての詳細はAdobe Captivate 11.8.1 リリースノートで確認することが出来ます。

「Captivate 11.8.1 では macOS Ventura をサポートしています。」という情報、要注意ですね。

 macOSのアップデート、Venturaのインストールからスタートという方もいらっしゃるかと思います。


ヘルプから、アップデートを確認します。

アップデートが利用可能と表示されたら、「今すぐアップデート」をクリックします。

(表示されない場合は、アンインストールの後、公開されているページからダウンロードします。)

しかし、このタイミングで、開いているAdobeCaptivateを閉じる必要があります。

Updaterのみ開いておきましょう。そうしないと、「アップデートの競合」というエラーが表示されます。


新しいバージョン「11.8.1.185」になっていることが確認できます。

文字入力したものを機械音声に置き換える、スピーチ管理はMacの場合は豊富な音声が組み込まれています。日本語の音声はKyokoを利用できます。


MAC版でも、スピーチエージェント(機械音声)の追加が可能になっています。

ReadSpeaker(旧NeoSpeech)をダウンロードし、追加することによって選択肢が増えます。

スピーチ管理のウィンドウ(メニューバー>音声>スピーチ管理)の左下に表示されている

「新しい音声と教科された音声をダウンロード」をクリックすると、ダウンロードがすぐに始まりますのでご注意ください。3.8GBあります。 

※ この追加音声にはWindows同様、日本語の音声は追加されていません。

ダウンロードしたフォルダを展開し、Set up ファイルをクリックするとインストーラーが立ち上がります。

基本的には、言語や場所を変更せず、「続行」を押してインストールを進めます。

























追加された音声は、Macの音声の下に入りますので、スクロールしてご確認ください。



コメント


Adobe Captivate導入サポート

Adobe Captivate操作方法レクチャー、パブリッシュサポート、運用サポートを提供しております。

​詳しくは下のリンクをご覧ください。

CONTACT

​お問い合わせ

講座のご依頼・お仕事に関するご相談など、お気軽にお問合せください。

bottom of page