ATD Virtual Conference1 - Building capabilities and Connection

明日から6月です。

5月はあっという間に過ぎていきました。

ブログを更新したいと思っていたものの、気が付くと月末です。


明日からは二つのカンファレンスに出席します。

通常であれば、どちらかをあきらめなければならないところを、バーチャル開催ということで、アメリカとヨーロッパのカンファレンスに同時に申し込んでいます。

もちろん同時刻のセッションに同時に参加というのは難しく、どちらかをあきらめなければならないのですが、録画されたものを後で見ることもできるので、チャレンジすることにしました。


ひとつは ATD Virtual Conference です。

毎年開催されているATD ICE、そのICE(International Conference &EXPO)が今年度は中止になった後、バーチャル開催が決まりました。私は2014年(ワシントンD.C.)、2016年(デンバー)と参加し、2018年に参加したATD TECHを含めて数えると、今回は4回目のカンファレンス参加です。


興味のある方は「ATDジャパン」、日本支部がこのカンファレンスの詳しい告知をしています。ぜひチェックなさってください。


今日のブログでは、ちょっと興味のある方へのご紹介や、参加される方へのおすすめをご紹介します。


まず、参加申し込みをしていると、メールが届いていますが、そのメールの文中にある、Attendee Resourcesのチェックがお勧めです。登壇される人やセッションの内容など様々な案内が掲載されています。実はこのサイトは申し込み前の方でもご覧いただけるので、どんな内容か知りたいという方は こちらをクリック!


そして、ここでスケジュールをチェックしようとすると中国標準時のスケジュールの表示を見ることができます。+1時間で計算すればよいのでとても便利です。


そして、何を受けようかなと迷う時にはこちらのSession Listing のチェック。