Adobe Captivate - 動画の編集 スライドビデオ

Adobe Captivateで動画の編集を行う方法はいくつかあります。

目的によって方法を選択することも出来ますし、慣れてくれば好みも出てくるような気がします。


今回の動画編集は「スライドビデオ」として進めていく方法を解説しています。

実は長い動画になっています。10分を超えます。

解説していたら色々盛り込んでしまい、必然的に長くなりました。


・ キャプション(文章)の追加と編集

・ アセットからの音声の追加と編集


この二つにも触れています。よく使う機能ですから、知っておいていただいて損はないと思います。


では今回の動画でご紹介している操作方法です。


1 既に撮影済みの動画がある

2 動画を読みこむための白紙のスライドを追加し、そこに動画をスライドビデオとして追加する

3 動画上にキャプションを追加する(位置、フォントなどを調整する)

4 動画上にを追加する(位置、サイズを調整する)

5 タイムライン上でタイミングを調整する

6 前後に付け加えたい内容があれば白紙のスライドを追加し、そこに追加する(今回は画像と音声、音声はアセットから追加)

7 プレビュー(「プロジェクト」を選択)





ここまでで動画は終わっていますが、7のプレビューの後、追加した内容の修正や調整が必要であれば、再度繰り返します。

そして、完成後は前回の解説同様、保存をお忘れなく。

保存は2種類です。


・ 名前をつけて保存(Captivateファイルとして保存します。*.cptx です。)

・ パブリッシュ(使用目的に合わせた保存です。)


大事ですね。



さて、仕上がったものはこちら



これは、弊社で制作している「SNSの利用について(新入社員・内定者対象)」について1分30秒で告知をしている動画です。

もし内容に興味をお持ちいただけたら、実際にご提供しているものです。


詳しくはこちら


さて、ここまで撮影した動画を編集する方法をご紹介してきましたが、次はAdobe Captivate上で動画を作成していく方法についてご紹介したいと思います。

とても大変な撮影が簡単に出来る優れものの機能です。


〒650-0033

兵庫県神戸市中央区江戸町85-1 

ベイ・ウィングビル10F

​(本店所在地 兵庫県神戸市北区)

TEL&FAX (078) 600-2311

サポート対応時・セミナー実施時は留守番電話対応となります。

恐れ入りますが、メールフォームよりのお問い合わせをお願いいたします。

 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram

©2019 by M plus lab.LLC. All rights reserved.