Adobe Captivate - 動画の編集 ビデオデモ 撮影編

Adobe Captivateで動画の編集を行う方法は複数あります。

このブログでもご紹介してきました。


インタラクティブビデオとして編集する 

スライドビデオとして編集する


近いうちに上記の2つの方法の違いについてもまとめたいと考えていますが、今日はビデオデモという機能について解説いたします。


この方法は、パソコンのカメラを使い、動画をCaptivate上に残していく方法です。

そして、パソコンのカメラで話し手を録画すると同時に、パソコンの画面も残すことが可能です。

つまり、

1 パソコンのモニター(またはアプリケーション)と話し手を合成する

2 パソコンのモニターのみ録画する

3 話し手のみ録画する

この3種類の方法が可能です。


ここでは1の方法をご紹介いたします。

「クロマキー合成」というと、「あっ!それ?」と思う方もいるのではないでしょうか。

人物が画面上に登場するものです。


スタジオでないと撮影できない…

難しい編集方法が必要…

そんなことはありません。

パソコン1台で完結します。


手順としては